前へ
次へ

1.5の倍数の睡眠時間を取ると目覚めが良くなる?

病気や怪我で長期に入院したり労働が不可能となり働けなくなった場合、働いていた会社の健康保険組合から傷病手当金が支払われる事があります。手続きは勤め先の会社で行います。休業期間の給料が満額貰えていたり手当金の支給額より給料が貰えていたら対象外となります。無収入だった場合は標準報酬日額の3分の2相当が、減給の場合は手当金までの差額分が支払われます。その際の注意点として連続して3日間の待機期間があり、その間は会社を休んでいる事が条件です。それを超えた4日目から支給の対象となります。支給期間はその開始日から最長で1年6ヶ月です。その間に一時仕事を復帰して再び働けなくなったとしても、働いていた期間を延長して貰う事はできません。

top用置換

top用置換2
Page Top